広報の求人情報を集めたサイト!

広報求人情報サイト >> TOPページ

広報の求人情報をお探しの方へ!

当サイトでは、企業などの「広報」担当についての情報をご紹介しています。転職や求人に関するページを豊富に用意しておりますので、広報への転職をお考えの方、もしくは現在、すでに広報として働いていて、別の企業での広報に転職したいという方にご覧になって頂きたいです。

広報の求人も含め、一般的には転職サイトで求人を探すのが現在当たり前となっています。当サイトでは、ただ求人が掲載されているだけのサイトではなく、キャリアアドバイザーによる転職カウンセリングや転職の相談などもできる転職エージェントをご紹介しています。

エージェントの中でも業界TOPを走るのが、「リクルートエージェント」です!誰もが知っている有名企業が運営する転職支援サービスです。もちろんこちらの得ジェンともコンサルタントが付き、あなたの転職をフルサポートしてくれます。広報の求人探しなら「リクルートエージェント」がオススメです!

広報の求人探しならこのエージェントがオススメ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式ページ リクルートエージェントの詳細
  • ■多彩な職種からの求人検索が容易です。希望の業種、業界の広報の求人も見つかります。
  • 圧倒的な成功実績で、これまで約28万人もの方の転職を成功に導いています。
  • ■リクルートグループが運営するエージェント。ブランド力がもたらす安心感も魅力!
  • ■一人一人の可能性を広げる求人を提供!適性にあった広報の職場が見つかります!
  • ■非公開求人も用意!映画業界などなかなか一般公開の求人では見つからない広報も!
  • ■専任コンサルタントのサポートで、履歴書や職務経歴書作成、面接対策もバッチリ!
  • ■求人情報では見えてこない職場の雰囲気や選考基準などの情報を提供してくれます!
  • ■全て無料!先方との面接の日程調整や条件交渉なども代行してくれます!
リクルートエージェント申込みはコチラで
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビエージェントの詳細
  • ■豊富な求人情報から検索が可能!広報の求人情報もチェックすることが出来ます。
  • ■保有している求人情報は約3万5000件。量・質ともに充実した環境で求人探しができる!
  • ■他のエージェントでは見られない業界の求人多数。広報の仕事もきっと見つかります。
  • コンサルタントが希望に沿った求人を提案してくれます!マッチング力に定評あり!
  • ■職務経歴書の作成指導のサービスも用意。転職に効果を発揮する職務経歴書が書けます。
  • ■登録後はマイページの利用ができます。履歴書や職務経歴書も登録できて非常に便利!
  • ■自分で探すだけでなく、企業からのスカウトが受けれるスカウトサービスもご用意。
  • ■適性を見極めた上で求人を探せる!コンサルタントのサポートで適材適所の転職を!
マイナビエージェント申込みはコチラで
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス
公式ページ DODAの詳細
  • ■豊富な実績!誰もが知る一流企業への転職成功例も多数。キャリアアップの転職にぜひ!
  • ■求人情報では知ることができない企業の内部事情も提供。他では見ることが出来ません!
  • ■マッチングを重視。ミスマッチによる早期の退職のリスクを抑えることが出来ます。
  • ■専任コンサルタントに転職相談ができます!履歴書・職務経歴書の作成のサポートも!
  • 企業ごとの広報に求められる役割も事前調査済み!適性にあった職場を見つけられます。
  • ■DODAが取り扱っている求人情報はじつに4万件。膨大な情報量の中からピックアップ!
  • ■非公開求人が魅力で、他のエージェントでは扱っていない求人も多数。広報求人も多数!
  • ■登録後は新着求人をいち早く提供。広報は特に早く募集が締め切られるだけに重要です。
DODA申込みはコチラで

広報の求人情報をお探しの方へ

広報といえば企業や組織の顔とも言うべき存在です。会社が新製品やプロジェクトを発表する時には、その売り上げや企画の成否に関わってくる大事な役割を担っています。そのため、求められる能力は多岐に渡ります。

では、広報とは具体的にどんな仕事を行い、どんなスキルが必要とされるのでしょうか?まず、報道資料を作成し、公開するという大事な業務があります。そのためには、新商品やプロモーションを一般の人に理解してもらえるような分かりやすい文章が書けなければなりません。さらに、単なる説明で終わるのではなく、その良さを伝え、購買意欲を高めたり企画を盛り上げたりする魅力的な文章を書く力も持っていなければなりません。

文書を書いて公開するだけが広報の仕事ではありません。今やインターネットを用い、ユニークな動画を公開したりアプリを開発してプロジェクトに連動させたりと、その幅は大きく広がっています。そのため、ウェブやデザインの知識、さらには最新テクノロジーに関する情報も必須と言えるでしょう。

広報に求められることのトップに上がるのは、なんと言っても対人関係を築けること、上手に公の場でも話ができることでしょう。というのも、紙やスクリーンを通して伝わる情報よりも、人の口から直接語られる言葉の方がより心に届くからです。新商品やプロジェクトの発表を行う時に、記者会見等を通して報道関係者に直接伝えるというのはその主な例です。さらに、クレーム等が生じた場合、企業や組織のイメージを損なうことなく、巧みに対応していく必要もあり、臨機応変に受け答えできる能力や見た目や語調・表情を通して良い印象を与えられるということも大事です。

このように、多岐に渡るスキルが求められる広報という仕事ですが、それだけ活躍の場も多く、売り上げやプロジェクトの成功に大きく関わる分野のため、とてもやりがいのあるものです。といっても、業界や会社の業務内容などによって求人内容、求められる能力やイメージはかなり異なってきます。例えば、インターネット上での業務を主とする会社であれば、ウェブ技術を用いて斬新なアイディアを生み出していくさっそうとしたイメージですが、官公庁であれば、的確で間違いのない情報を伝えられる堅実な人材が必要とされます。このように、それぞれが目指すイメージや業務を探すのは簡単ではありません。そのため、無料で登録できる転職エージェントを活用するのをおすすめします。自分に合った企業や組織を探すために、様々な業界、企業・団体の求人情報が満載で、比較しながら判断できる転職エージェントは大きな助けになるに違いありません。


© 2013-2015 【広報の求人情報が満載のエージェントをご紹介!】